骨董品買取で贋作とわかった場合

家の倉庫や蔵を整理していたら思わぬお宝が眠っていたなんていう話はよくある話です。

少しでも生活の糧にしようと骨董品買取をお願いする人は多いですが、
本物だと思っていた品物が実は贋作でまったくの値打ちもなかったという事は
よく耳にすることでしょう。

お宝だと信じ込んでいた品物が贋作で心を痛めてしまう人もいますが、
ものは考えようになります。

たとえ贋作だとしても、先祖代々伝わってきた品物というものは
思い出がたくさん詰まっています。
そのため、贋作だとしてもむやみに捨てたりせず、
大事にしまっておくと良いでしょう。

また、骨董品買取の業者はいくつかありますが、業者の目利きが
間違っている可能性もありますので、一社だけで決め付けてしまわずに
幾つかの業者に目利きをお願いすることをおすすめします。

骨董品買取業者といっても最近では出まかせをいうこともよくありますし、
安く買いたたこうとしてわざと偽物だと嘘をつくこともありますので
注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing