タグ別アーカイブ: 資格

骨董品の買取店の特徴と資格について

骨董品のお店には鑑定を行う鑑定士がいます。

鑑定士は品物の価値を見出す役割を持っており、買取する時に
品物も価値を見出してくれます。
また、鑑定士になるためには資格が必要だと言います。

骨董品の買取を行うお店と言うのは、骨董品に熟知した
鑑定士がいます。

買取りをお願いする時には鑑定士が品物をじっくりと調べて、
どれだけの価値がある骨董品なのかを調べた上で
査定を行ってくれるのです。

査定額で了承出来る場合は契約が成立となり、
本人確認を行うことが出来る運転免許証や健康保険証を
提示する事で、情報を保存して買取りをしてくれるのです。

尚、お店の鑑定士と言うのは誰もが出来るものではありません。

まず、色々な骨董品の知識や価値を知らなければ
査定を行う事が出来ません。
品物の価値を見出すためには色々な知識が必要になるのですが、
鑑定士になるためには資格も必要だと言います。

この資格は美術鑑定士と呼ばれるもので、骨董品の価値を
見出すと同時に、偽物であるのか、それとも本物であるのかの
違いをしっかりと把握出来る能力が必要とされると言います。

美術鑑定士の資格を取るための学校と言うのはなく、
経験を積む事で資格を取得出来ると言います。